障がい者グループホームサポートセンター
ホーム 障がい者グループホームサポートセンターで実施する事業は、いずれも無料で利用することができます。

GH等職員研修

GH等職員研修イメージ

 


障がい者グループホーム等職員研修

★2019年度の障がい者グループホーム職員研修の日程が決まりました。詳細が決まり次第、順次掲載いたします。★

障がい者グループホーム職員向け研修の開催について

神奈川県受託事業「障がい者グループホーム支援関連事業」による、グループホーム職員向け研修を開催いたします。本研修は、障がい者の権利擁護と職員のスキルアップを目的に、主にグループホームで従事する世話人・生活支援員・管理者等を対象に、毎年異なるテーマを設定し実施しています。参加者同士の情報交換・意見交換を通じた交流促進も目的としております。各ホームともぜひご参加ください。

政令市・中核市を除く神奈川県内のグループホーム職員が対象です。

参加費用は無料です。

★2019年度 障がい者グループホーム職員研修 開催日程★

【第9回】
今年度最終回は「グループホームでの実践事例発表」を行います。今回は「共同生活でのルール」をテーマに、「グループホームでのルールの設け方」「そもそもどこまでルールが必要なのか?(利用者のマイルールをどこまで尊重できるか?)」「共同生活上必要なルールを守れなかった場合(他の利用者や近隣住民の迷惑になってしまった場合)の対応」等について、先進的な取り組みや成功事例を発表していただき、皆さんで共有したいと思います。ぜひご参加ください。

テーマ「グループホームでの実践事例発表~共同生活のルールについて~」

日時:2019年11月21日(木)10:00~13:00
会場:海老名市文化会館 351多目的室

事例発表者
株式会社アイム アイムホーム稲田堤 経営者 佐藤 典雅 氏 河野 誠二 氏
社会福祉法人かながわ共同会 秦野精華園 課長 石井 芳憲 氏
特定非営利活動法人未来 グループホームみらい伊勢原 理事長 山田 千尋 氏

コーディネーター
 特定非営利活動法人神奈川県精神障害者地域生活支援団体連合会 理事長 戸高 洋充 氏

お申し込みはこちら

 



 
 
 

【第1回】
テーマ「記録の書き方~グループホームでの記録の意義と重要性~」


グループホームでの日々の記録は、利用者の意思決定支援において、また職員間の統一した支援や情報共有において重要な意義を持っています。初回は「記録の書き方」をテーマに、実践的な記録の書き方を学びたいと思います。

日時:2019年6月6日(木)10:00~13:00
講師:社会福祉法人武蔵野会リアン文京 施設長 山内 哲也 氏
会場:平塚商工会議所 第1・2会議室

終了しました。

【第2回】
テーマ「本人の意思~グループホームでの意思決定支援~」


皆さま日々利用者さんの意思を尊重した支援を実践されていると思いますが、場面や状況によっては、本人の希望や意思をどこまで尊重すればよいのか、悩まれることも多いかと思います。そこで今回は「意思決定支援」をテーマに「なぜそれが必要なのか」「そのためには何をすればよいのか」など皆さんで考えていきたいと思います。

日時:2019年6月19日(水)10:00~13:00
講師:日本福祉大学福祉経営学部 学部長 綿 祐二 氏
会場:藤沢合同庁舎 大会議室

終了しました。

【第3回】
テーマ「精神障害者グループホームにおける医療との連携」


精神障がい者のグループホームでは、利用者さんの服薬管理や訪問看護の利用等において医療との連携が不可欠です。ただ現場では、医師や看護師、病院との連携において困難さを感じているホームも多いかと思います。そこで今回は、医療サイドの方をお招きし、医療側からの視点や通院同行の際のポイント、訪問看護の利用や服薬管理など、医療との連携をテーマに研修を行いたいと思います。

日時:2019年6月26日(水)10:00~13:00
講師:神奈川県立精神医療センター 精神看護専門看護師 石田 正人 氏
会場:海老名市文化会館 351多目的室

終了しました。

【第4回】
テーマ「利用者の高齢化と介護保険制度への移行の仕方」


近年、障がい者グループホームでは利用者の高齢化対応が課題となっております。現場でも「介護保険サービスと障害福祉サービスをどのように組み合わせていったらよいのか?」「そもそもグループホームでどこまで対応すべきなのか?」といった声が良く聞かれます。そこで今回は、障がい者グループホーム制度と介護保険制度を学び、制度やサービスも含め、どのように利用者の高齢化に対応していくべきかを考えたいと思います。

日時:2019年7月11日(木)13:00~15:15
講師:全国手をつなぐ育成会連合会 政策センター委員 又村 あおい 氏
会場:藤沢市民会館 第2展示ホール

終了しました。

【第5回】
テーマ「利用者の性に関する支援」


グループホームの現場からは、近年、利用者の性に関する相談・悩みが多く聞かれます。利用者さんからの質問にどのように答えれば良いのか?ご家族にはどのように支援すればよいのか?など、対応に悩むケースも多々あるかと思います。そこで、今回は「知的障害者の性」をテーマに研究されている武子愛先生と、県立養護学校の麻薙幹彦教諭をお招きし、グループホーム職員としてどのようなスタンスで利用者の性と向き合ったらよいか、皆さんで考えていきたいと思います。

日時:2019年7月23日(火)10:00~13:00
講師:一般社団法人性と健康を考える女性専門家の会 理事 武子 愛 氏
  :神奈川県立茅ケ崎養護学校 麻薙 幹彦 教諭
会場:海老名市文化会館 351多目的室

終了しました。

【第6回】
テーマ「事例から学ぼう~心構えは想定内~」


第6回は「事例から学ぼう」をテーマに事例検討会を行います。グループホーム利用者は、グループホームに併せて日中活動先等さまざまな社会資源を利用している方も多くいます。今回は「生活の中での課題」「通所先との連携」の事例を基に、グループワークを中心に、皆さんで支援の仕方を考えていきたいと思います。特に経験の浅い職員の方にもぜひご参加いただき、現場の声を共有したいと思います。

日時:2019年8月6日(火)10:00~13:00
講師:社会福祉法人日本キリスト教奉仕団 アガペセンター 主任 高田 孝行 氏
会場:茅ケ崎市民文化会館 大会議室

終了しました。

【第7回】
テーマ「精神障害の理解~生活のしづらさの理解とグループホームでの関わり方~」


第7回は「精神障害の理解」をテーマに、基礎的な精神疾患の症状や概念、精神障害者の心理、生活場面での行動や特徴、それに対する具体的なアプローチの仕方などを学びたいと思います。「障害特性の理解」だけではなく「利用者の困りごとの理解」「生活のしづらさの理解」に焦点をあてて、皆さんで利用者理解を深めていきたいと思います。

日時:2019年8月27日(火)10:00~13:00
講師:湘南精神保健福祉士事務所 所長 長見 英知 氏
会場:おだわら市民交流センターUMECO 第1・2・3会議室

終了しました。

【第8回】
テーマ「自閉症・発達障害の理解~グループホームでの支援のポイント~」


今回は「自閉症・発達障害の理解」をテーマに、基礎的な障害特性・利用者の心理・生活場面での特徴や行動・困難事例への対処法などを学びたいと思います。障害特性の理解を通して「利用者の困りごとの理解」につなげ、より良い支援に役立てていきたいと思います。特に経験の浅い世話人さん・生活支援員さんなど、ぜひご参加ください。

日時:2019年9月19日(木)10:00~13:00
講師:社会福祉法人かながわ共同会 厚木精華園 地域支援部地域生活支援課 課長 奥池 誠治 氏
会場:平塚商工会議所 第1・2会議室

終了しました。

 


 

障がい者グループホームサポートセンター 事務局

公益社団法人かながわ福祉サービス振興会

〒231-0023 横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9階
電話:045-227-7044(9:00~17:30) FAX:045-671-0295